RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

クロサンショウウオ Hynobius nigrescens

f:id:hikaru-remoteregion:20180413022120p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180413022122p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180413022125p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180413022133p:plainクロサンショウウオ Hynobius nigrescens (2017.3.10)

 [memo(アクア・トトの解説より引用)]
クロサンショウウオの卵のう
小型サンショウウオの仲間は、1匹のメスが1対(2つ)の卵のうを産みます。
クロサンショウウオの卵のうの中には、それぞれ20〜70個の卵が入っています。
この卵のうは、2017年2月22〜25日にバックヤードで飼育している個体が産卵したものです。

 

アクア・トトぎふ 4F 長良川上流