RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

パーカーホー Catlocarpio siamensis

f:id:hikaru-remoteregion:20180824213505p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180824213515p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180824213525p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180824213534p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180824213539p:plain

パーカーホー
学名:Catlocarpio siamensis
分類:コイ目 コイ科
分布:タイ、カンボジアラオスベトナムメコン川、メークローン川、チャオプラヤー川)

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
コイ科の魚としては最大で、3mを超える記録があります。タイでは食用として養殖が行なわれています。

近年、パーカーホーは乱獲などによって生息数が減少しており、チャオプラヤ川においては、野性個体が絶滅の危惧に瀕しています。そのため、2011年、国際自然保護連合(IUCN)は、本種を絶滅危惧IA類(ごく近い将来における野性での絶滅の危険性が極めて高いもの)に指定しました。
現在、カンボジアではメコン川やその支川のトンレサップ川、トンレサップ湖に禁漁区を設けたり、刺し網の使用を制限するなど、保護に取り組んでいます。

 


アクア・トトぎふ 2F 淡水魚博士の探検小屋・メコン川 (2014/2/12)