RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

ハリヨ Gasterosteus aculeatus leiurus

f:id:hikaru-remoteregion:20180723030517p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180723030523p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180723030527p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180723030534p:plain

ハリヨ
学名:Gasterosteus aculeatus leiurus
分類:トゲウオ目 トゲウオ科
分布:滋賀県北東部、三重県北部(絶滅)、岐阜県内では養老山地東側、大垣市と周辺町村

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
全長 5〜7cm
わき水のある池や川でくらし、小さな生き物を食べます。オスは植物の破片を集め水底に巣を作ります。

ハリヨを含むトゲウオの仲間は、北極海をとりまく北半球に広く分布する冷水性の魚で、岐阜県は世界のトゲウオ類の分布の南限にあたります。
わき水のある池とこれを水源とする小川にすんでいますが、近年は地下水のくみ上げ過ぎによるわき水枯れや埋め立てにより、全ての生息場所の条件が悪くなっています。県内の生息地の一部では井戸水を利用した人工池などで保全が行なわれています。

 

アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口