RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

ニホンモモンガ Pteromys momonga

f:id:hikaru-remoteregion:20190127180323p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190127180318p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190127180317p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190127180310p:plain

ニホンモモンガ
学名:Pteromys momonga
分類:齧歯目 リス科
分布:本州、四国、九州

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
昼間は木のうろなどに隠れ休んでいますが、日が暮れて森が暗くなると活動し始め、木の芽や実などの餌を求めて木の上から滑空して、森の中を移動します。滑空するために前肢と後肢の間には膜が発達していて、これを広げて飛び回ります。主に樹上生活を送るため爪が発達しており、モモンガの潜んでいる巣穴の周囲には爪痕ができる事があります。


アクア・トトぎふ 企画展『のぞいてごらん夜の森を ~夜行性動物展~』(2012.9-12)