RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

ネオケラトドゥス・フォルステリ Neoceratodus forsteri

f:id:hikaru-remoteregion:20190604031744p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190604031752p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190604031801p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190604031808p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190604031818p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190604031826p:plain

ネオケラトドゥス・フォルステリ Neoceratodus forsteri

オーストラリアにすむハイギョ
原生のハイギョの中で最も祖先に近い原始的な形をとどめています。
肺による呼吸機能はあまり発達しておらず、また、水がない状態では長く生き続けることはできません。カエルや魚、貝やエビの他に、水草や熟して落下した果物なども食べています。産卵は8月から10月にかけて、水草が多く、流れがある場所に産卵することが知られています。オーストラリアでは絶滅危惧種に指定され、政府などにより手厚く保護されています。非常に長生きする魚で、アメリカのシェッド水族館では今から80年以上前にやってきた個体がまだ生存しています。

 

アクア・トトぎふ 企画展『世界のハイギョ』(2015.12-2016.4)