RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

アマゾンツノガエル Ceratophrys cornuta

f:id:hikaru-remoteregion:20191214014018j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20191214014030j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20191214014035j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20191214014039j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20191214014044j:plain

アマゾンツノガエル
学名:Ceratophrys cornuta
英名:Surinam horned frog
体長:12cm

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
目の後ろにある角状の突起と大きな口が特徴です。落ち葉の下にもぐり、昆虫やカエル、は虫類やほ乳類などを待ちぶせてとらえます。
アマゾンツノガエルの土とんの術
熱帯雨林の落ち葉や木くずの下にもぐり、目と頭だけを地上に出して獲物を待ちぶせます。体は身をかくすのに適した色をしており、緑色、茶色、薄茶色やしま模様のある個体などさまざまです。目の前の動くものに、すばやく飛びつき、口に入る大きさのものなら何でも丸のみにして食べます。オタマジャクシも動物食で、おもに他のオタマジャクシを食べます。

 

 

アクア・トトぎふ 1F アマゾン川 (2019/12/12)