RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

クロサンショウウオ Hynobius nigrescens

クロサンショウウオ Hynobius nigrescens アクア・トトぎふ 4F 長良川上流(2019/3/12)

シリケンイモリ Cynops ensicauda

シリケンイモリ学名:Cynops ensicauda分類:有尾目 イモリ科分布:奄美諸島、沖縄諸島 [memo(アクア・トトの解説より引用)]尾が剣のように細長く、先端が尖ることからシリケンイモリという名がつきました。アカハライモリと同じようにテトロドトキシンを…

エメラルドツリーボア Corallus caninus

エメラルドツリーボア Corallus caninus アクア・トトぎふ 1F アマゾン川 (2013/6/20)

カラヒガイ Sarcocheilichthys sinensis

カラヒガイ Sarcocheilichthys sinensis [memo(アクア・トトの解説より引用)]揚子江やアムール川流域に分布するヒガイの仲間です。体側には暗色の幅広い横しま模様が4〜5本入ります。 アクア・トトぎふ 2F 淡水魚博士の探検小屋・メコン川(2018/4/16)

アルプスイモリ Ichthyosaura alpestris

アルプスイモリ Ichthyosaura alpestris アクア・トトぎふ 企画展『イモリ』(2014.3-6)

オイカワ Opsariichthys platypus

オイカワ Opsariichthys platypus アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2019/3/28)

ミナミクシイモリ Triturus karelinii

ミナミクシイモリ学名:Triturus karelinii分類:有尾目 イモリ科分布:アゼルバイジャン、グルジア、イランなど [memo(アクア・トトの解説より引用)]山地の森林や草原に生息し、広くて深い池や沼などで繁殖します。丈夫で飼いやすく繁殖も容易に行なえる…

ツノダシ Zanclus cornutus

ツノダシ Zanclus cornutus アクア・トトぎふ 企画展『話題になった生きものたち 〜なつかしくて新鮮!!〜』(2016.12-2017.4)

サクラ舞い泳ぐ 新緑の春

テーマ水槽『サクラ舞い泳ぐ 新緑の春』 桜色の魚の群れが、舞い散る桜吹雪のように、艶やかに彩ります。 チェリーバルブ Puntius titteyaチェリーシュリンプ Neocaridina davidi アクア・トトぎふ テーマ水槽(2017.3-4)

マダライモリ Triturus marmoratus

マダライモリ学名:Triturus marmoratus分類:有尾目 イモリ科分布:スペイン、フランス、ポルトガル [memo(アクア・トトの解説より引用)]ふだんは陸地で生活していますが、繁殖期になると水中へ移動します。メスは直径2mmの卵を水草などにくるみながら、…

イシガレイ Platichthys bicoloratus

イシガレイ Platichthys bicoloratus アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2019.3.28)

フトイモリ属の一種 Pachytriton sp.

フトイモリ属の一種学名:Pachytriton sp.分類:有尾目 イモリ科分布:中国 [memo(アクア・トトの解説より引用)]成長や性別によって体の形が大きく違います。流れの速い渓流にすんでいます。繁殖期をむかえたオスの尾には、白色のスポットが入ります。 ア…

タゴガエル Rana tagoi tagoi

タゴガエル Rana tagoi tagoi アクア・トトぎふ 4F 長良川上流 (2019/3/28)

ボラ Mugil cephalus cephalus

ボラ Mugil cephalus cephalus アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2019/4/17)

イベリアトゲイモリ Pleurodeles waltl

イベリアトゲイモリ学名:Pleurodeles waltl分類:有尾目 イモリ科分布:スペイン、ポルトガル、モロッコ [memo(アクア・トトの解説より引用)]池やダムなどにすみ、めったに陸地に上がることはありません。飼いやすく繁殖も容易なことから国内で繁殖した個…

続・ヒキガエルが産卵しました!

アズマヒキガエル Bufo japonicus formosusナガレヒキガエル Bufo torrenticola 先日の卵塊がオタマジャクシになっていました。 アクア・トトぎふ 4F 長良川上流 (2019.4.17)

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans アクア・トトぎふ 企画展『話題になった生きものたち 〜なつかしくて新鮮!!〜』(2016.12-2017.4)

ミズカマキリ Ranatra chinensis

ミズカマキリ学名:Ranatra chinensis分類:カメムシ目 タイコウチ科 [memo(アクア・トトの解説より引用)]水草などにつかまり、魚や虫、オタマジャクシなどを待ちぶせて、カマのような前あしでとらえます。 アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2012…

ラオスコブイモリ Laotriton laoensis

ラオスコブイモリ学名:Laotriton laoensis分類:有尾目 イモリ科分布:ラオス北部 [memo(アクア・トトの解説より引用)]1999年に発見され、2002年に新種記載されました。水棲のイモリですが、大雨の後などには陸地に上がり移動することもあるようです。新…

ニホンヤモリ Gekko japonicus

ニホンヤモリ Gekko japonicus アクア・トトぎふ 企画展『イモリ』(2014.3-6)『どっちがイモリでどっちがヤモリ?』より

オイカワ Opsariichthys platypus

オイカワ学名:Opsariichthys platypus分類:コイ目 コイ科 [memo(アクア・トトの解説より引用)]上流から下流まで幅広くすんでいます。産卵期には、オスにきれいな赤と青の婚姻色があらわれます。 アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2019/3/28)

企画展『イモリ』(2014.3-6)

ごあいさつアカハライモリは里山の水辺をそっとのぞけば、簡単にみつけることができる生き物です。日本では古くから様々な書物などでも取り上げられており、人との関わりも深い生き物といえます。このように馴染みのある身近な生き物ですが、この小さな体に…

アルプスイモリ Ichthyosaura alpestris

アルプスイモリ学名:Ichthyosaura alpestris分類:有尾目 イモリ科分布:中央ヨーロッパに広く分布 [memo(アクア・トトの解説より引用)]おもに標高の高い場所に生息しています。変態せず幼生のまま繁殖するネオテニー(幼形成熟)が頻繁におこり、場所に…

イシガレイ Platichthys bicoloratus

イシガレイ Platichthys bicoloratus アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2019.3.28)

カワニナの仲間 Semisulcospira spp.

カワニナの仲間学名:Semisulcospira spp. [memo(アクア・トトの解説より引用)]細長い殻をもつ淡水性の巻き貝で、日本では約20種が知られています。卵胎生で違いを産みます。 アクア・トトぎふ 3F 長良川上流から中流 (2019/4/2)

アユ Plecoglossus altivelis altivelis

アユ Plecoglossus altivelis altivelis アクア・トトぎふ 3F 長良川上流から中流 (2019/3/19)

オレオクロミス・タンガニカエ Oreochromis tanganicae

オレオクロミス・タンガニカエ Oreochromis tanganicae アクア・トトぎふ 企画展『イロトリドリの生き物たち』(2018.12-2019.4)

ボウズハゼの仲間

ボウズハゼの仲間 アクア・トトぎふ 企画展『イロトリドリの生き物たち』(2018.12-2019.4)

ゲンゴロウ Cybister chinensis

ゲンゴロウ Cybister chinensis アクア・トトぎふ 3F 長良川中流から河口 (2019/3/28)

ニシアフリカコガタワニ Osteolaemus tetraspis

ニシアフリカコガタワニ学名:Osteolaemus tetraspis分類:有鱗目 クロコダイル科 [memo(アクア・トトの解説より引用)]ワニではめずらしく夜行性です。貝やカニなどかたいものを多く食べるため、口先が短く、奥歯が臼歯状になっています。ワニの仲間現在、…