RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

モンハナシャコ Odontodactylus scyllarus

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234226p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234235p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234240p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234253p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234310p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234314p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234318p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181031234323p:plain

モンハナシャコ
学名:Odontodactylus scyllarus
分類:シャコ目 ハナシャコ科
分布:東南アジア、ミクロネシア、インド洋、台湾の海域。日本では相模湾以南。

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
モンハナシャコはエサとなるヤドカリやカニの仲間、貝類などを、捕脚(エビやカニのハサミ脚に相当する部分)を使って一撃で打ち砕いて食べます。そのため、捕脚の関節が硬く球状になっています。この捕脚の打撃力は凄まじく、自然界では大型のホラガイも一撃で割ってしまうほどです。

 

アクア・トトぎふ マンスリー水槽 2012年7月『トトリンピック開催!』