RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

2018-07-10から1日間の記事一覧

ナマズ?

ナマズ? 分類:ナマズ目 ナマズ科捕獲地点:岐阜県内 [memo(アクア・トトの解説より引用)]”ナマズ”じゃないナマズ!?近年、近畿・中部地方においてナマズ Silurus asotusと遺伝的に異なる種がいることが示唆されています。形態的に異なる可能性も考えら…

ギギ Pseudobagrus nudiceps

ギギ学名:Pseudobagrus nudiceps分類:ナマズ目 ギギ科原産地:琵琶湖・淀川水系以西の本州、四国、九州北部移入場所:秋田、新潟、福井、山梨、愛知、岐阜、三重、熊本 ※この個体は2017年5月に岐阜県各務原市内の木曽川で捕獲されました。 アクア・トトぎふ…

アリアケギバチ Tachysurus aurantiacus

アリアケギバチ学名:Tachysurus aurantiacus分類:ナマズ目 ギギ科 [memo(アクア・トトの解説より引用)]日本固有種で九州にのみ分布しますが、生息数が減少しており、壱岐島ではすでに絶滅しています。川の中流の流れの緩やかな場所に生息します。 アクア…

イワトコナマズ Silurus lithophilus

イワトコナマズ学名:Silurus lithophilus分類:ナマズ目 ナマズ科 [memo(アクア・トトの解説より引用)]琵琶湖と余呉湖の岩場を好んで生息します。琵琶湖に生息するナマズの中では最も味が良いとされています。 アクア・トトぎふ 企画展『世界のナマズ大紀…

ビワコオオナマズ Silurs biwaensis

ビワコオオナマズ学名:Silurs biwaensis分類:ナマズ目 ナマズ科分布:琵琶湖・淀川水系 [memo(アクア・トトの解説より引用)]日本最大のナマズの仲間です。沿岸から沖合に生息し、中層を泳ぎながら魚類を食べまず。琵琶湖から流出する川にも生息します。 …

〜黄金色に輝く〜 神秘の黄金ナマズ

ナマズ Silurus asotus 岐阜県内の川で捕獲された黄金色のナマズ展示中のナマズは、色素が欠乏しているアルビノ個体です。体色が白っぽく、血管が透けて見える赤い目が特徴です。自然界では目立つ事から、外敵に襲われやすく生存する確率が低いため、めった…

企画展『世界のナマズ大紀行』(2017.7-12)

オセアニアのナマズタンダンキャット アフリカのナマズエトロピエラ / アフリカングラスキャット / ファラクトゥラ属の一種サカサナマズの仲間:シノドンティス・ブリチャージ / シノドンティス・バテンソーダ / シノドンティス・ショウテデニ / シノドンテ…

コオイムシ Appasus japonicus

コオイムシ学名:Diplonychus japonicus分類:カメムシ目 コオイムシ科分布:日本全国、中国、朝鮮半島の平野部 [memo(アクア・トトの解説より引用)]コオイムシは漢字で「子負虫」と書き、その名のとおりオスが自分の背中に卵を背負って保護します。 アク…

バタフライフィッシュ Pantodon buchholzi

バタフライフィッシュ学名:Pantodon buchholzi分類:アロワナ目 パントドン科分布:コンゴ川 [memo(アクア・トトの解説より引用)]ジャンプして虫に飛びつきます。敵におそわれると、短い距離ですがグライダーのように飛んで逃げます。 アクア・トトぎふ 2…

コオニヤンマ(ヤゴ) Sieboldius albardae

コオニヤンマ(ヤゴ)学名:Sieboldius albardae大きさ:ヤゴの体長 3.5-4cm、成虫(♂)全長 8.1-9.3cm、(♀)全長 7.5-9cm分布:日本、朝鮮半島、中国、ロシア [memo(アクア・トトの解説より引用)]落ち葉にひそむ刺客かくれんぼレベル★☆☆☆☆ヤゴの体はとて…