RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

アメリカザリガニ Procambarus clarkii

f:id:hikaru-remoteregion:20190213225814j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190213225824j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20190213225827j:plain

アメリカザリガニ
学名:Procambarus clarkii

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
食べ物で色が変わる?!
青いアメリカザリガニ
アメリカザリガニの体色はアスタキサンチンという色素により、ふつうは赤色をしています。
アスタキサンチンはβ-カロチンという色素をもとに体内で作られますが、カロチンは動物の体内では作ることができないため、食べているものから摂取する必要があります。
アメリカザリガニにβ-カロチンを含まないエサ(アジやサバ)だけを与え続けると、脱皮するごとに赤色が消え、アスタキサンチンとタンパク質が結合してできるクラスタシアニンという色素により、体色が青くなります。その後もアジやサバだけを与え続けると体色は白くなり、β-カロチンを含むエサ(オキアミなど)を与えると体色は赤くなります。

 

アクア・トトぎふ 企画展『イロトリドリの生き物たち』(2018.12-2019.4)