RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

クリイロハコヨコクビガメ Pelusios castaneus

f:id:hikaru-remoteregion:20200925105832j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20200925105838j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20200925105845j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20200925105853j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20200925105858j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20200925105904j:plain

クリイロハコヨコクビガメ
学名:Pelusios castaneus
分類:カメ目 ヨコクビガメ科

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
川や湖沼などさまざまな場所に生息します。腹側の甲の一部が動くため、「ふた」をするように甲を閉じることができます。

頭のかくし方
カメの仲間は、曲頸類と潜頸類の2つのグループに分けられます(化石種をのぞく)。
曲頸類は首を水平に動かして横に曲げ、甲のふちにつけます。このグループは、アフリカ・南米・オーストラリアなどに分布しています。
潜頸類は首をたて方向に動かし、S字型に曲げて、甲の中に頭をかくします。多くのカメの仲間は、こちらのグループにふくまれ、極地や砂漠域を除く世界中に分布しています。

 

 アクア・トトぎふ 2F コンゴ川・タンガニーカ湖(2020/9/24)