RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

イチゴヤドクガエル Oophaga pumilio

f:id:hikaru-remoteregion:20180615231314p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180615231315p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180615231318p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20180615231332p:plain

イチゴヤドクガエル
学名:Oophaga pumilio
分類:無尾目 ヤドクガエル科
分布:コスタリカニカラグアパナマ西部

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
産んだ卵を子供に食べさせて育てる
オスは卵を守り、メスはフ化直後のオタマジャクシを1匹ずつ葉っぱのくぼみなどにできた安全な水たまりに運びます。
その後メスは、この水たまりを順番に回り、無精卵をオタマジャクシに与え、育てます。
このような繁殖方法を「エッグフィーダー」といいます。

 

アクア・トトぎふ 企画展『命をつなぐ大作戦!! 〜生きものたちの繁殖ストーリー〜』(2017.4-7)