RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

ペリソダス・ミクロレピス Perissodus microlepis

f:id:hikaru-remoteregion:20181124224700j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181124224737j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181124224753j:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181124000617j:plain

ペリソダス・ミクロレピス Perissodus microlepis

 [memo(アクア・トトの解説より引用)]

左利きの魚。右利きの魚。
他の魚のウロコを食べる魚。
「ペリソーダス・ミクロレピス」は泳いでいる魚のウロコをはぎ取って食べる習性を持ちます。獲物となる魚を右側から襲う右利きと、左側から襲う左利きが存在し、それぞれ利き側から食べやすいように体が反り、あごも片側が発達しています。本種の脳や神経系を調べる事で、動物の右利きと左利きの脳内機構の解明につながる可能性があると考えられており、現在研究が進められています。

 

 

アクア・トトぎふ 企画展『アフリカ進化の湖』(2015.7-12)