RemoteRegion@AquaTotto

世界淡水魚園水族館”アクア・トトぎふ”での記録。

クラウンアネモネフィッシュ Amphiprion percula

f:id:hikaru-remoteregion:20181204235634p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181204235644p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181204235651p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181204235657p:plain

f:id:hikaru-remoteregion:20181204235702p:plain

クラウンアネモネフィッシュ
学名:Amphiprion percula
分類:スズキ目 スズメダイ
分布:ニューギニア北東からメラネシア、オーストラリア北東沿岸

[memo(アクア・トトの解説より引用)]
ハタゴイソギンチャクなどのイソギンチャクと共生関係にあります。クマノミの仲間たちの体表の粘液には、他の魚の粘液よりマグネシウムイオンが多く含まれることでイソギンチャクに刺されな仕組みになっています。

 

アクア・トトぎふ 企画展『話題になった生きものたち 〜なつかしくて新鮮!!〜』(2016.12-2017.4)